中高生のパパ活!サイポリの最近の動向や見極め方のポイント
中高生のパパ活!サイポリの最近の動向や見極め方のポイント

中高生のパパ活!サイポリの最近の動向や見極め方のポイント

「学校や親にバレたくない」「もし相手がサイポリだったらどうなる?」など、パパ活でのサイバーポリス(サイポリ)が気になっていませんか?

近年パパ活が中高生にも急速に広まるにつれて、警察/サイポリの取り締まりも厳しくなってきています。18歳未満でパパ活はおすすめしませんが、どうしてもパパ活したい人は正しい知識と対策が欠かせません

ここでは、4年間パパ活をしてきた法学部出身のが、パパ活とサイポリについて法律的な観点も交えて以下の流れでお伝えします。

  1. 中高生のパパ活で時々聞くサイポリって何? 
  2. 世の中でよく言われているサイポリの見極め方のポイント
  3. パパ活で稼ぐ中高生が実践しているサイポリ対策集
  4. パパ活とサイポリに関してよくあるQ&A

ひとみんのプロフィール

著者:ひとみん
24歳、事務職、身長159cm
彼氏との交際を楽しむかたわら、大学3年生から始めたパパ活で毎月30~50万円のお小遣い稼ぎをしています。パパ活においては、エッチは絶対にNG派で、法律を徹底的に調べ、安全にパパ活で稼いでいます。

これさえ読めば、パパ活する/しないを判断できる他、サイポリを見極めるためのポイントもわかるでしょう。

1. 中高生のパパ活で時々聞くサイポリって何?

中高生でパパ活をしていると、「サイポリ」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

サイポリとは「サイバーポリス」の略です。(※”サイバー補導”とも呼ばれます)

サイバー犯罪(ネットを悪用した犯罪)対策や捜査などを行う警察組織のことを指します。

特にパパ活では、18歳未満の中高生などが性犯罪などに巻き込まれるのを防ぐため、近年取り締まりが強化されてきています😱

もしサイポリに釣られて、親・学校などにバレたらと思うと心配ですよね..。

まずここでは、パパ活とサイポリに関するポイントを以下の流れでまとめてみました。

  • ① サイバー補導(おとり捜査)って違法じゃないの?
  • ② 相手がサイポリだったらどうなるの?
  • ③ 近年は警察から直接メッセージがくることも!
  • ④ツイッターでパパ活すべきではない
  • 〔参考〕パパ活自体は違法ではない

それぞれ順にお伝えします。

1-1. サイバー補導(おとり捜査)って違法じゃないの?

基本的にサイバー補導は違法ではないとされています

ただし、実はおとり捜査は刑法・刑事訴訟法などでは何ら規定がされていません。

おとり捜査は「捜査機関またはその依頼を受けた捜査協力者が、その身分や意図を相手に隠して犯罪を実行するように働き掛け、相手方がこれに応じて犯罪の実行に出たところで現行犯逮捕等により検挙するもの」と位置付けられています。(裁判例として)

実態としてわかりやすく言うと、「犯罪の意思を固めている人に対して、犯罪の機会を提供するにすぎない場合」は基本的に合法と見なされています。

例えば、「パパ活の相手募集中!」とメッセージした中高生に対して、警察官がパパになりすまして会う約束をすることは “合法” というわけです。(=これが「パパ活のサイポリ」)

1-2. 相手がサイポリだったらどうなるの?

待合せ場所で私服警官に声をかけられて、補導されます(逮捕されることはありませんが..。)

補導とは、「非行の深化を抑止するために適切な措置をとること」を言います。

後ほどご説明しますが、本来、仮に18歳以下であっても男性とデート(体の関係なし)してお金をもらうこと自体は違法ではありません。

しかし、未成年者を犯罪に巻き込まれるのを防ぐという観点から、パパ活も補導の対象とされています。

親はもちろん、学校にも連絡がいく可能性も十分にあり、将来の進路にも大きく影響する恐れもあります😱

また、性犯罪に巻き込まれるリスクもあるため、安易な気持ちでパパ活を始めることは絶対におすすめしません

1-3. 近年は警察から直接メッセージがくることも!

例えば、近年は全国的に、警察がパパ活募集ツイートに直接メッセージする取り組みを開始しています😫

パパ活女子がサイバー補導に気をつけるようになり、サイバー補導の効果が薄れたこともあって、パパ活募集ツイートに警察から直接返信するのが主流になりました。

「パパ活ツイートに”直接返信”で警告 効果抜群、全国警察に広がる」

こうした投稿に対し、これまでは警察官が身分を明かさずに投稿者とやりとりし、実際に会って未成年者を指導する「サイバー補導」が主流だった。

しかし、やりとりに時間がかかる上、会う前に返信が途絶えるケースも …(2019/11/6)

(引用:毎日新聞

もし警察からのメッセージを受け取った時点ですでに警察に監視されているため、速やかにアカウントを削除することをおすすめします。

ただし!警察を名乗る不審なメッセージに注意

警察を名乗る不審なメッセージとは、例えば「親・学校などに連絡すると脅す」「親・学校には秘密にする代わりに会おうとしてくる」などです。

警察のなりすまし被害にあわないためには、スルーして相手にしない、あるいは「姓名、所属部署、階級」「所属する警察署の電話番号」などを質問するのがよいでしょう。

・本物→ 「◯◯、◯◯署生活安全課、巡査長」 など
・偽物→「これは極秘捜査などで言えない」

もし電話番号がわかれば、正しい番号かネットで確認したり、その警察署に電話してその人が在籍しているか確認することもできます。

(※もしなりすまし警察官に脅されたら、警察にすぐ通報すると返信しましょう。)

1-4. 「ツイッター」でパパ活すべきではない

警察は、ツイッター上でのパパ活のやりとりを重点的にパトロールしています。

TwitterなどSNSを通じて犯罪に巻き込まれた18歳未満の男女は、年々増加(2018年: 約1,800人)しており、その9割以上が児童買春や強制わいせつなどの”性犯罪”で、そのうち約4割がツイッターでやりとりされたものだからです。

例えば、ツイッター上でサイバー補導されないために隠語(#円募、#援募)でやりとりする人も多いですが、隠語もすでに警察の監視対象となっています。

「パパ活ツイート、全国の警察が返信 隠語をパトロール」

「援助交際」や「パパ活」などとして性行為の相手を募るSNSの書き込みに警察官が返信し、注意を促す取り組みが全国で始まる。

当面の対象は「ツイッター」上の援助交際を求めたり誘ったりする書き込みで、「#円募」や「#援募」などの隠語から探す

警察の公式アカウントで、子ども側の書き込みには「見ず知らずの相手と会うことは、誘拐や殺人などの重大な事件に巻き込まれるおそれのある大変危険な行為です」と返信。(なお、誘っている側には「子どもへの性犯罪は人権を著しく侵害する極めて悪質な行為です」と返信)

悪質なケースは、子どもを補導したり、誘った側を児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの容疑で立件したりするという。(2020/1/8)

(引用:朝日新聞デジタル

このようにツイッターでパパ活するのは絶対におすすめしません。

なお、「パパ活アプリ」は18歳以上が使えるパパ活専用のアプリなので、警察がパパを装うようなことはありません。

安心してパパ活できるおすすめのパパ活アプリが気になる方は、「16個から厳選!失敗しないパパ活アプリの選び方とおすすめTOP3」の記事を参考にしてください。

〔参考〕パパ活自体は違法ではない

デートしてお金をもらうことを禁止する法律はないからです。

また、たとえ体を売ってしまったとしても逮捕されることはありません!(※体の関係を持つことはおすすめしませんが..。)

ただし、場合によっては法に触れてしまうこともあるので、パパ活を始める際は、しっかり注意点を覚えて始めるようにしましょう。

違法になる活動とは?

パパ活で考えられる主な活動のうち、違法なものを次の通りまとめてみました。(違法なものは赤色の箇所です)

活動法律的に..罰則/逮捕
デートしてお金をもらう★OK
デートしてお金をもらい、エッチもするOK
一人の男性とエッチだけしてお金をもらうOK
不特定の男性とエッチだけしてお金をもらう違法
18歳未満で、デートしてお金をもらう★OK
18歳未満で、お金をもらわずエッチする違法補導の対象
相手は最悪逮捕
18歳未満で、エッチしてお金をもらう違法補導の対象
相手は確実に逮捕
既婚者と、デートしてお金をもらう★OK
既婚者と、お金をもらわずエッチするOK(よくはない)慰謝料を請求される
既婚者と、エッチしてお金をもらうOK(よくはない)慰謝料を請求される
お小遣いを多くもらうため嘘をつく違法

なお、表の★(青字)に注目して分かるように、エッチせずに、真っ当にデートだけでパパ活をする分には、法に触れることもありませんし、罰を受けることもありません

※なお、警察沙汰ではありませんが、、、

既婚男性とデートして恋愛関係に発展したり、最悪離婚してしまうと、相手の奥さんを傷つけたとして慰謝料を請求されるリスクがあります。(※たとえエッチしなくても!)

そのため、「愛している」「好き」など、愛を表現する言葉使わないようにしましょう。

2. 世の中でよく言われているサイポリの見極め方のポイント

私は18歳未満でのパパ活はおすすめしませんが、中高生でどうしてもパパ活したいという人はいかにサイポリを避けるかが大切です。

ここではまず、一般的によく言われているサイポリの特徴/傾向をまとめてみました!

よく言われている「サイポリの特徴/傾向」

  • ① 年齢などをしつこく質問してくる
  • ② 待合せの近くに男女が乗った普通車が止めてある
  • ③「スーツの男性」「ジーパン以外のパンツ」は注意

(※これらは実際の口コミ100件以上やネットの記事などを徹底的に調べてわかったことです。)

それぞれ順にお伝えします。

2-1. 年齢などをしつこく質問してくる

サイポリとして万一にも失敗しないためにも、年齢などをしつこく質問してくる傾向があります。

もし18歳未満であることを伝えた上でなお、年齢を念押ししてくるような相手は避けるのが無難です。

2-2. 待合せの近くに男女が乗った普通車が止めてある

サイポリの場合、待合せ場所が見える位置に男女2組(場合によっては3名程度)が乗った普通車がとまっていることが多いようです。

なぜなら、①補導するには現場で捕まえる必要があるから、②法律上、パパ活のおとり捜査では必ず女性1名は現場にいないといけないからです。

そのため、待合せの早めに行って周辺に不審な車(駐車してある車に男女が乗っている)をチェックしましょう。

もし不審な車を見つけたら?

まずは慌てず、速やかに現場を離れましょう。

現場を離れたら、会う約束をキャンセルしましょう。

(※体調が悪い、親にバレて帰らないといけないなど、基本的にどのような理由でも構いません。)

2-3.「スーツの男性」「ジーパン以外のパンツ」は注意

サイポリの服装についてはっきり言うことはできませんが、基本的に私服警官と同じと思っておけば大丈夫です。

例えば以下のようなイメージです。

  • 地味で特に目立たない普通のスーツ
  • スラックスなどのパンツ(その他ジーパン以外のパンツ)

※現場で逃走された場合でも追いかけやすいように、ジーパンは履いていないことが多いようです。

3. パパ活で稼ぐ中高生が実践しているサイポリ対策集

パパ活で稼いでいる中高生は、自分たちで情報収集してサイポリ対策も徹底しています。

先日、友達の知り合いでパパ活中の高校生と話す機会があったのですが、月20万円くらい稼いでいるそうです😅

その時に聞いたノウハウのうち、特に使えそうなものを厳選して参考までに紹介します!

それぞれ順にお伝えします。

3-1. 「夏休み前〜夏休み中」「クリスマス前」は避ける

特にこれらの時期はパパ活しないのが無難だそうです。

なぜなら、サイポリは「中高生がパパ活する時期」を狙って取り締まりを強化するからです。

3-2. 直接的に自分から誘ってこない相手は要注意

おとり捜査に関して、先ほど「意思を固めた者に対して、その機会を提供するのは合法」とお伝えしましたが、「(意思を固めていない者に対して、積極的に)他人をそそのかして犯罪をさせることは違法」とみなされています。

刑法第61条(教唆)
人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する。

そのため、サイポリの場合は相手からはあまり直接的には誘ってこない傾向もあるようです。

3-3. 自分からは直接的に誘わない方が無難

パパ活募集のメッセージも直接的な表現を極力避けることも大切だそうです。

(※パパ活募集のメッセージもどこまでがOK/アウトかは判断は正直難しいですが..。)

ちなみに、中高生はツイッターや無料出会い系アプリなどでパパ活する人も多いですが、パパ活で稼いでいる中高生は仲間うちで良いパパを紹介し合うなど、ネットで募集いない工夫もしているようです。

3-4. 条件を載せる際は「相場並み」が無難

高い条件で相手を募集していると、目立ちやすく、パパ活慣れしてると思われやすいからです。

サイバー補導の目にとまりにくいようにあえて条件は「相場並み」に抑えているそうです。

もし会うためにどんどん高い条件を出してくる場合は、サイポリや体目的の可能性が高いので避けるのが無難だそうです。

「お小遣いの相場」は?

活動お手当
【初回】顔合わせ0.5~1万円
【都度】お茶のみ1~2万円
【都度】食事のみ1~3万円
【都度】デート2~3万円
【都度】エッチあり2~10万円
【定期】月極(エッチなし)5~15万円
【定期】月極(エッチあり)10~50万円

特に初心者の方は「初回0.5、お茶1、食事1」から始めるのが無難です。慣れてきたら徐々に交渉してみましょう。

※ただし、近年は新型コロナウイルスの影響による失業などから、パパ活する女性が急増し、相場を下回るケースも出てきているようです   ※例えば、 顔合わせや食事して「交通費のみ」あるいは「お手当なし」など..、相場より安いお手当を提示されたり、またokせざるを得ないケースもあることは理解できます。

3-5. 会う前に写メを送ってもらえるようにお願いする

サイポリの場合、顔がわかる写メを送るのを嫌がるため、送ってこないことがほとんどのようです。

もちろん、一般的なパパでも断るケースもあるため一概には言えないとのことですが..。

逆に正直に本人の写真を送ってくるタイプは、サイポリではないことがほとんどだそうです。

【参考】サイバー補導された女子の口コミ

口コミではサイバー補導されて後悔している声も時々見つけることができます。

つい出来心でパパ活を始めたことで、後で大きく後悔しないためにも、実際の口コミを参考までに2つ紹介します。

①サイバー補導の詳細をまとめている口コミ

「パパ活で補導されました」

パパ活で補導されました
身体などは売ってないです

おとり捜査ってやつで後、サイポリは普通に要求する値段が高くても対応してくれます。

スーツなど着てます。
女の人1人、男の人2人〜3人くらいいます
後、夏なのに汗を全然かいてない人もサイポリ。
約束場所の近くに車がある

補導されて連れてかれる場所は人によって違いますが基本署です。
補導される前にスマホ没収されます
パスワード教えないといけません。
twitter、LINE、kakao見られます
酷ければ垢を消せと言われます。
ちなみに言われた場合その場で消されます

そして写真ファイルも見られます
そして基本補導されたらその垢監視されますので気を付けてください。
それでサイポリの事をtwitterに書くと家まで来て逮捕されるので(年齢関係ないらしい)

学校名、名前(親、兄弟の名前も)、住所etc.色々とあります。
写真撮ることは基本ないですが
撮られた場合終わったと思った方がいいです

皆さんパパ活くらいだったら補導はされないけど注意されるくらいとか言ってる方居ますけど普通に補導されますので

これは色んな人から聞いた情報と自分自身の経験です。サイポリはサイポリで問題あると思います。
そもそもパパ活じゃ無くて援交やってる人を補導すべきだと思うんですけど

引用: archive.today

②パパ活でサイバー補導されて後悔している口コミ

「高校生です。パパ活(デート援)をしようとして補導されました」

高校生です。大学生の彼氏がいます。
パパ活(デート援)をしようとしてサイバー補導されました。

お母さんには泣かれ、スマホの中身を毎日チェックする、ロックはかけるなと言われたので彼氏にそのこと(お母さんに言われたこと)を伝えると母は私にもともと23時以降スマホは禁止させているので、それもおかしい、反抗しろと言われました。

その後、サイバー補導をされたことを伝えると、なんでそんなにお金が必要だったの?と泣かれ、今すぐ家に来て。と呼び出されました
今、もうすでに彼氏の家に向かってしまっていますが、これから私はどうしたらいいのでしょう?

親には無断で出てきてしまいました。
明日は高校の入学式に在校生として出席もしなければなりません、、

引用: yahoo知恵袋

4. パパ活とサイポリに関してよくあるQ&A

私はもともと法学部ということもあり、パパ活でトラブルを避けるためにお小遣いのもらい方や税金などについても徹底的に調べて詳しくなりました。

最近では親しいパパ活仲間から相談を受けることも増えたため、ここでは多くの方が気になるポイントをQ&A形式お伝えします。

気になるところをクリック

それぞれ順にお伝えします。

Q1. サイポリでもLINE、カカオを交換しようと言ってくる?

言ってくる可能性は十分あります。

サイポリとしても女性に怪しまれないために、基本的にやりとりは普通のパパと同じです。

仮にLINE・カカオで連絡先を交換しようと言ってきたとしても安心はできません

Q2. 中高生もパパ活専用アプリって使えるの?

使えません。パパ活専用アプリに登録できるのは、「18歳以上」が条件です。

パパ活は「パパ活専用アプリ」が一番おすすめですが、中高生は利用できないためツイッターや無料出会い系アプリなどを使う人も多いのが現状です。

Q3. パパ活と、援助交際・売春の違いは?

パパ活とは、「デートやお食事だけで金銭的支援をしてくれる男性と交際する活動のこと」です。

(※基本的に「体の関係はなし」とされていますが、実体としては信頼関係を築けたら体の関係OKとしてしまう女の子も最近は多いように感じますが..。)

パパ活は「援助交際・売春」にあたるのか?

エッチしなければお小遣いをもらっても援助交際とはなりません。

また、エッチしたとしても複数人の男性とエッチしなければ売春とはならないです。

「売春」とは、「複数人の男性とエッチしてお金をもらうこと」です。

『「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう(売春防止法、第2条)

なお、「援助交際」と「売春」は基本的に同じ意味です。売春の言葉を柔らかくしたのが援助交際と考えて問題ないです。

(仮に中高生が援助交際・売春をしても、女子が逮捕されることはありません。)

5. まとめ

ここまでパパ活とサイポリについて詳しくを伝えしてきましたが、いかがでしたか?^^

すでにお伝えしていますが、以下の理由から、私は18歳未満でのパパ活はおすすめしません

  • 性犯罪などに巻き込まれるリスクがあるから
  • 近年パパ活ではサイバー補導が強化されてきているから
  • 学校・親に連絡されるリスクも大きいから

もしそれでもパパ活したいという人は、このページを参考に、あなた自身でも情報収集して慎重に活動するのが無難です。

【まだ少しパパ活と法律について気になる人へ】

より安心/安全にパパ活するためのポイントを、『パパ活は違法/犯罪?法律知識でわかる安全にパパ活する方法』のページに詳しくまとめているので、一度ざっと目を通してみることをおすすめします。

以上を参考に、パパ活とサイポリについて理解して、パパ活をする/しないを判断できることを心より願っています。