パパ活で逮捕される?!安心してパパ活するためのポイント集
パパ活で逮捕される?!安心してパパ活するためのポイント集

パパ活で逮捕される?!安心してパパ活するためのポイント集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「逮捕はされないよね?」「警察沙汰は避けたい」など、パパ活で逮捕されることがあるのか気になっていませんか?

パパ活をして女性が逮捕されることはありませんが、場合によっては警察に補導されたり、パパ活の相手が逮捕される可能性があるため、法律知識を正しく知っておきましょう。

ここでは、4年間パパ活をしてきた法学部出身のが、安心してパパ活するためのポイントを法律知識も交えてお伝えします。

  1. パパ活で逮捕されることってあるの?
  2. より安心/安全にパパ活するための3つのポイント
  3. パパ活での逮捕/トラブルなどに関してよくあるQ&A

ちあきのプロフィール

著者:ちあき
24歳、事務職、身長159cm
彼氏との交際を楽しむかたわら、大学3年生から始めたパパ活で毎月30~50万円のお小遣い稼ぎをしています。パパ活においては、エッチは絶対にNG派で、法律を徹底的に調べ、安全にパパ活で稼いでいます。

これさえ読めば、パパ活で逮捕されない理由に加えて、パパ活をすべきかすべきでないかも分かるでしょう。

(はじめに)パパ活、援助交際、売春の違いとは?

パパ活とは、「デートやお食事だけで金銭的支援をしてくれる男性と交際する活動のこと」で、パパ活を禁止する法律はありません

それに対して、援助交際と売春はほとんど同じ意味で、「女性が金銭等を目的として交際相手を募集し、性行為などを行うこと」であり、ともに法律で禁止されています。

※ちなみに、援助交際/売春のように体を使えば違法ですが、それでも女性が逮捕されることはありません。法律的に援助交際/売春で逮捕されるのはそれを斡旋した「お店」や「仲介者」だからです。

1. パパ活で逮捕されることってあるの?

先に結論からお伝えすると、パパ活をして女性が逮捕されることはありません😊

もし18歳未満の場合でも、”補導”されることはあっても、逮捕されることはありません。

「補導」とは、子どもたちが悪い道に進まないようにするために、警察が注意をしたり、親や学校などに連絡したりすることを指します。

※『不良行為少年を発見した時は、当該不良行為についての注意、その後の非行を防止するための助言又は指導その他の補導を行い、必要に応じ、保護者(学校又は職場の関係者に連絡することが特に必要であると認める時は、保護者および当該関係者)に連絡するものとする。』(引用:警察庁

違法ではないのにどうして補導されるの?

違法行為や犯罪行為ではなくても、少年法の趣旨に基づき、「その前段階の行動や、犯罪に巻き込まれそうな行為、罪を犯しそうな人と付き合う行為を制約する」ことも適法とみなされているからです。

もしエッチした場合はどうなるの?

例えば中学生や高校生など、18歳未満の女性が成人の男性と体の関係を持つことは、各県の「青少年保護法」に関する条例で禁止されています

※東京都の例

「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない。(東京都青少年の健全な育成に関する条例、第18条の6項)」

条例上は、お互いに合意があっても、お金のやりとりが無くても、成人は青少年(18歳未満)とのエッチは一切禁止ということです。(※合意の上であれば通報されることはほとんどないので、バレはしませんが..。)

警察のおとり捜査もあるってほんと?

本当です。

中高生でパパ活をしていると、「サイポリ」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

サイポリとは「サイバーポリス」の略で、サイバー犯罪(ネットを悪用した犯罪)対策や捜査などを行う警察組織のことを指します。
(※ “サイバー補導”と呼ばれることもあります。)

近年パパ活をする中高生が増えてきている中で、18歳未満の中高生などが性犯罪などに巻き込まれるのを防ぐため、近年警察は取り締まりが強化してきています😱

例えば、中高生がtwitterなどで「パパ活の相手募集中!」などとメッセージした場合に、パパになりすました警察官からメッセージがあり、当日待合せ場所に行ってみると私服警官に声をかけられて補導されることになります。

ちなみに、パパ活で「違法」になる活動とは?

←スマホの方はスクロールできます→

活動法律的に..罰則/逮捕
デートしてお金をもらう★OK
デートしてお金をもらい、エッチもするOK
一人の男性とエッチだけしてお金をもらうOK
不特定の男性とエッチだけしてお金をもらう違法補導の対象
18歳未満で、デートしてお金をもらう★OK
18歳未満で、お金をもらわずエッチする違法補導の対象
相手は最悪逮捕
18歳未満で、エッチしてお金をもらう違法補導の対象
相手は確実に逮捕
既婚者と、デートしてお金をもらう★OK
既婚者と、お金をもらわずエッチするOK(よくはない)慰謝料を請求される
既婚者と、エッチしてお金をもらうOK(よくはない)慰謝料を請求される
お小遣いを多くもらうため嘘をつく違法

なお、表の★(青字)に注目して分かるように、エッチせずに、真っ当にデートだけでパパ活をする分には、法に触れることもありませんし、罰を受けることもありません

そのため、私はパパ活するなら体の関係を持たないことをおすすめします。

2. より安心/安全にパパ活するための3つのポイント

パパ活をしている男性の中には、初めから騙すつもりで近づいてくる「詐欺パパ」がいるのも事実です。

これからお伝えする内容は、私の経験だけでなく、私のパパ活仲間との会話や口コミなども踏まえて、安全にパパ活するために最低限知っておくべきポイントをまとめてみました。

それでは順にご説明します。

2-1. 安全性がより信頼できるパパ活サイトを利用すること

まず、パパ活する方法には大きく「パパ活サイト」と「出会い系サイト」の2つがありますが、以下の理由から「パパ活サイト」の方が圧倒的にパパ活しやすいです

・男性もパパ活として登録している(理解があるので話が早い)
・高額年収な男性の割合が高い(お小遣いの額が高い)

その上で、様々なパパ活サイトの中で、以下のような安全管理への取り組みに注目して選ぶことが大切です

  • 身分証を使った年齢確認の徹底
  • 24時間365日のパトロール(悪質行為の監視)
  • インターネット異性紹介事業の届出済み(国の許可を得て運営)

これらの安全管理が整っていれば、サクラや業者など悪質な会員が登録・活動しづらくなるので安心です。

パパ活アプリ「シュガーダディ」の安全管理

※引用:「シュガーダディ

※パパ活サイトなどネットで異性を紹介するサービスは、「インターネット異性紹介事業」の届け出をすることが法律で義務付けられています。

これがあるということは、国の許可をもらって運営しているということなので、安心して利用することができます。

ちなみに、安心してパパ活できるサイト/アプリを後ほど「Q2. パパ活専用アプリと出会い系アプリってどっちがいいの?」でご紹介します。

2-2. 会う前・デート中に相手を見極めること

パパ活では私も過去に何度も騙されて苦い経験をしてきましたが、4年間パパ活する中で詐欺パパの特徴も “実感として” わかるようになってきました。

ここでは、私のパパ活仲間との情報交換やtwitterなどの口コミも踏まえて、詐欺パパの特徴を「メッセージ」「食事/デート」「ホテル」のシチュエーション別に以下にまとめてみました

「メッセージ」でよくある詐欺パパの特徴/傾向

  • 1通目でいきなり会う時の条件を聞いてくる
  • 会うためならドンドン好条件を出してくる(会う前から月契約10万円以上など)
  • 決断を急がせる
  • 初回お茶のみでお願いしたら、妙に食事にこだわる
  • 食事で個室を使いたがる
  • 自慢が多い(経歴、年収、有名人の知り合い)
  • すぐ車に乗せようとする
  • 自宅まで送り迎えしたがる

「食事/デート」でよくある詐欺パパの特徴/傾向

  • 高級なレストランに連れていきたがる
  • 手元にクレカしかなくて、お小遣いは次回でいい?と聞いてくる
  • トイレ/精算する際に荷物をすべて持っていく

「ホテル」でよくある詐欺パパの特徴/傾向

  • ホテルでチェックイン時の精算をお願いしたら断られた
  • お小遣いの後払いにこだわる (ホテルに一緒に入ってからも先払いを嫌がる)
  • 女性がカバンを置く一連の動作や、カバンの位置を妙に意識している
  • エッチした後の方が少しそわそわしている
  • エッチした後、女性がシャワー入るタイミングを伺っている
  • シャワー入ったフリしてこっそり戻ると、慌てて振り返る

【参考】安全にパパ活するための私のルール10ヶ条

ちなみに、私は自分の身を守るために、実際の経験から作った “自分のルール” を常に意識しています。

私のルール(私の心の声)
★『現金・手渡し』が原則これは絶対!!
★強い気持ちで『先払い』をお願いする 都度の食事/デートなどは後払いもやむなし
★エッチは絶対NG理想のパパに出会うためには超重要
初回は車・個室はNG密室はリスクが高い
車は万一の時に逃げ出せない
最初から高額な定期はお断り断る目安→「月契約10万円以上」
2ショットの写メを撮る同意なしは絶対NG
無理な時は顔がわかるようにこっそり写メ
車のナンバーはこっそり写メ仮にレンタカーでも写メないよりマシ
最近パパ活詐欺が増えてるらしいね〜、など予防線を貼っておくすべての詐欺パパに効果あるわけではない
でも言わないよりはいい
名刺をもらえないかお願いしてみる名刺も大してあてにはならないけど..
身の危険を感じたら、携帯に急用が入ったフリしてその場を去る約束違反になるので特に丁重に!
もちろんお小遣いなし
お金も数万円渡すことも(違約金として)

上のように私の場合は原則10項目ですが、より重要なルールに気づいたら優先度の低いものと入れ替えたり、足したりしています。

もちろんパパ活に決まったルールはありませんが、以下のような点について自分なりのルールを決めておくと、パパ活中にどうするか悩んだ場合に安全な方を選びやすくなります😊

  • お小遣いの条件(貰い方・金額会う時の条件)
  • 会う時の条件(初回、2回目以降)
  • NGな男性

2-3. 18歳未満の場合はパパ活しないのが無難

パパ活サイトには18歳以上という年齢制限があるため、例えば中高生はツイッターや無料の出会い系サイトなどでパパ活をしがちです。

しかし、男性も無料で使えるツイッターなどでは悪意を持って近付いてくる男性も多いです。

近年は警察(サイバーポリス)が取り締まりを強化してきていることからも、18歳未満の場合はパパ活しないのが無難です。

(万一補導されると進学や就職などに影響する可能性もあるため、興味本位で始めないことを強くおすすめします。)

どうしてもパパ活したい場合は?

例えば特別な事情があってどうしてもパパ活したいという人は、まずは一般的な「サイポリの特徴/傾向」を知っておきましょう。

一般的な「サイポリの特徴/傾向」

  • 年齢などをしつこく質問してくる
  • 待合せの近くに男女が乗った普通車が止めてある
  • 「スーツの男性」「ジーパン以外のパンツ」は注意

また、私がパパ活をする中でたまたま出会った中高生で、パパ活で稼いでるという子が実践している対策は以下の通りでした。

パパ活で稼ぐ中高生が実践しているサイポリ対策

  • ①「夏休み前〜夏休み中」「クリスマス前」は避ける
  • ② 直接的に自分から誘ってこない相手は要注意
  • ③ 自分からは直接的に誘わない方が無難
  • ④ 条件を載せる際は「相場並み」が無難
  • ⑤ 会う前に写メを送ってもらえるようにお願いする

ちなみに、サイポリの最近の動向や見極め方のポイントを以下の記事にまとめているため、どうしてもパパ活したい中高生は一度チェックしておくことをおすすめします。

中高生のパパ活!サイポリの最近の動向や見極め方のポイント

3. パパ活での逮捕/トラブルなどに関してよくあるQ&A

私はもともと法学部ということもあり、パパ活で警察沙汰などのトラブルを避けるために法律面からも徹底的に調べて詳しくなりました。

最近では親しいパパ活仲間から相談を受けることも増えたため、ここでは多くの方が気になるポイントをQ&A形式お伝えします。

気になるところをクリック

それぞれ順にお伝えします。

Q1. パパ活ではどんなトラブルがあるの?

パパ活では様々なトラブルもSNSなどで報告されていますが、例えば以下の通り、主に「お金、体の関係、個人情報流出」などにまとめることができます

主なパパ活被害
お金・お小遣い/交通費をもらえない
・タダメシ/タダホテルされる
・月契約をしたのに払ってもらえない
・「返済しろ」「訴える」と脅される
体の関係・エッチを強要される
・リベンジポルノで脅される
・レイプされる
・おいしい話で行ってみたらAVだった
個人情報流出・スクショされるリスク
・彼氏や友達にバレるリスク
・将来バレるリスク
・詐欺被害
・ストーカー被害
その他・デートをドタキャンされる
・ドライブで置き去りにされる
・不倫による慰謝料請求を受ける

以上のようにパパ活では様々なトラブルが想定されるため、あらかじめ対策・対処法を知っておくことも大切です。

※トラブルの具体例や対処法については、以下の通り別の記事にまとめていますので、もし安全にパパ活したい人は一度チェックしておくことをおすすめします。

始める前に必読!パパ活でよくあるトラブル16個とその対策法

Q2. パパ活専用アプリと出会い系アプリってどっちがいいの?

パパ活サイトには大きく分けると「パパ活専用アプリ」と「出会い系アプリ」があります。

基本的に大手のアプリであればどちらも安全性に大差はありませんが、「パパ活サイト」の方が以下のメリットがあるため人気です

「パパ活サイト」のメリット

  • シンプルな仕組みで簡単にパパを探せるから
  • 数万人規模の多くのパパが登録しているから
  • パパ活に理解のある男性が多いから

どんなパパ活サイトがあるの?

人気のパパ活サイトを、パパ活専用サイトと出会い系サイトに分けると以下の通りです。

パパ活サイトと出会い系サイトのマトリックスチャート

パパ活専門サイトは、専門なだけあってかなりパパ活しやすく、年収の高い男性も多いため、高額なお小遣いをもらえる可能性が高いです

例えば、私が17個のパパ活サイトを比較した結果、安全性が高くて良いパパと出会えるおすすめのサイトは以下の3つです。

ちなみに、詳しくは「パパ活サイト完全マニュアル|17個使ってわかったおすすめ使い方」の記事にまとめていますが、有名なパパ活サイト17個を比較した結果は以下の通りです。

←スマホの方はスクロールできます→

サイトタイプおすすめ度補足
パパ活専門「シュガーダディ」のロゴシュガーダディパパ活専門★★★★★高収入パパ多数!年収証明で安心。
パパ活専門「ペイターズ」のロゴペイターズパパ活専門★★★★人気急上昇!マッチング式パパ活サイト
出会い系「ワクワクメール」のロゴワクワクメール出会い系★★★パパ活容認の出会い系サイト!
パパ活専門「pato」のロゴpatoパパ活専門★★★キャバクラ版Ubar!登録に面談あり。
パパ活専門「paddy67」のロゴpaddy67パパ活専門★★会員数が少ないけど、今後に期待あり!
出会い系「ハッピーメール」のロゴハッピーメール出会い系★★会員数多いけどパパ活禁止(>_<)
出会い系「PCMAX」のロゴPCMAX出会い系★★会員数多いけどパパ活禁止(>_<)
出会い系「イククル」のロゴイククル出会い系★★パパ活推奨だけど会員数はそこまで。
出会い系「YYC」のロゴYYC出会い系★★悪くないけどパパ活禁止(>_<)
出会い系「Jメール」のロゴJメール出会い系完全に出会い系寄り。
出会い系「ASOBO」のロゴASOBO出会い系完全に出会い系寄り。
出会い系「ラブサーチ」のロゴラブサーチ出会い系会員数が少ないし、パパ活禁止(>_<)
パパ活専門「papatto」のロゴpapattoパパ活専門とにかく会員数が少ない。
パパ活専門「シュディ」のロゴシュディパパ活専門とにかく会員数が少ない。
恋愛アプリ「東カレデート」のロゴ東カレデートその他★★★★高収入男性多いけどこれは恋愛アプリ。
交際クラブ「ユニバース」のロゴユニバースその他★★★★選ばれた人のみ登録できる交際倶楽部。
交際クラブ「私のあしながおじさん」のロゴ私のあしなが
おじさん
その他★★★選ばれた人のみ登録できる交際倶楽部。

(※なお、交際倶楽部である「ユニバース」「私のあしながおじさん」については別の記事で「7. 交際倶楽部とは?パパ活サイトと何が違うの?」に詳しくまとめています。)

Q3. パパ活サイト内で条件のやりとりしたら逮捕される?

私の経験上は、パパ活サイト内で条件のやりとりをしたからといって、逮捕されたり、何かトラブルに巻き込まれたという話はほとんど聞いたことがありません

例えば、男性との初めてのメッセージや初回顔合わせの条件については、サイト内のメッセージ機能を通じてやりとりするのが一般的です。

どんな相手かも分からない会う前の段階でLINEやカカオなどの連絡先は交換しないのが無難です。一般的に、2回目以降も会うことで合意した後で個人的な連絡先を交換することが多いようです。

Q4. パパ活の相手が既婚者だったらどうなるの?

既婚男性とのパパ活自体はもちろん違法ではありませんが、基本的には避けるのが良いでしょう

仮に肉体関係がある場合には男性の「不貞行為(不倫・浮気)」に該当し、トラブルに巻き込まれるリスクもあるからです。

不貞行為(貞操義務違反)とは「夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つこと」で、離婚の訴えを提起できる理由の1つとされています。(引用:民法第770条

もし男性がパパ活をしていることが妻にバレた場合(特に肉体関係もある場合)に、妻から女性に対しても慰謝料を請求されるリスクがあります。

ただし、相手の男性が既婚であることを知らなかった場合には、請求されないこともあるようです。

Q5. 詐欺パパって逮捕されないの?

例えば、「今まで渡したお金を返さないと、親/学校/勤務先などにバラすぞ」と脅す行為(脅迫罪)やストーカー被害など、犯罪行為についてはもちろん逮捕される可能性はあります。

ただし、一般的にパパ活は “お互いに合意した上で知らない人と会っている” という前提があるため、「お小遣いがもらえない」「タダメシされた」などは個人の安全管理の問題として警察で対応されないことも多いようです。

例えば、先ほどの表をもとに基本的に警察に対応してもらえるのは以下の通りです。

主なパパ活被害
お金・お小遣い/交通費をもらえない
・タダメシ/タダホテルされる
・月契約をしたのに払ってもらえない
「返済しろ」「訴える」と脅される
体の関係・エッチを強要される
リベンジポルノで脅される
レイプされる
おいしい話で行ってみたらAVだった
個人情報流出・スクショされるリスク
・彼氏や友達にバレるリスク
・将来バレるリスク
・詐欺被害
ストーカー被害
その他・デートをドタキャンされる
・ドライブで置き去りにされる
・不倫による慰謝料請求を受ける

9. まとめ

ここまでパパ活で女性は逮捕されないこと、安心してパパ活するためのポイントなどをご説明してきましたが、いかがでしたか?^^

パパ活して逮捕されることはありませんが、様々なリスクもあるため、安心してパパ活するには以下のポイントを意識することをおすすめします

  • 安全性がより信頼できるパパ活サイトを利用すること
  • 会う前・デート中に相手を見極めること
  • 中高生など、18歳未満の場合はパパ活しないのが無難

また、先ほど少し触れましたが、17個のサイトを比較した結果として、安全性が高くて良いパパと出会えるおすすめのサイトは以下の3つです

以上を参考にパパ活すべきかどうか判断でき、安心してパパ活するためのポイントも理解できることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Papa Rich

Papa RIch(パパリッチ)は、パパ活やギャラ飲み、交際倶楽部を安全に楽しむための情報サイトです。