ギャラ飲みサイト『レパード』の全て教えます。
ギャラ飲みサイト『レパード』の全て教えます。

ギャラ飲みサイト『レパード』ってどう?使ってわかった特徴と実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ギャラ飲みサイト『レパード』ってどうなの?レパードはどれくらい稼げるの?と興味を持っていませんか?

レパードは面談がなく、審査に通りやすいギャラ飲みサイトで、稼ぎやすさの面では他には劣りますが、おすすめできるポイントもあります。

このページでは、昼の仕事をしつつ、ギャラ飲みで月に30万程度稼いでいる私が、ギャラ飲みサイト”レパード”について徹底的に解説していきます。

~目次~

  1. ギャラ飲みサイト『レパード』ってどうなの?
  2. レパードの審査からギャラ飲み参加まで
  3. レパードでどれくらい稼げるの?
  4. 他のギャラ飲みサイトと比較でわかる条件の違い
  5. 本当におすすめのギャラ飲みアプリはpato!
  6. レパードのギャラ飲みに参加してわかったこと

優海のプロフィール

著者:優海
25歳、エステティシャン、身長155cm
昼間働きながら、空いた時間でギャラ飲みを使って、楽しく毎月30万円ほど稼いでいます。
やったらわかる!めっちゃ楽しい!

このページを読めばレパードで、どれくらい稼げるのか?どんな評判なのか?わかるようになるでしょう。

LEOPARD(レパード)公式ページ:http://www.leopard.today/

1. ギャラ飲みサイト『レパード』ってどうなの?

ギャラ飲みサイト「レパード」の公式ページ

レパード』は学生団体が運営しているギャラ飲みサイトです。

レパードに登録をすると、ギャラ飲みの情報がLineを通して流れてくるので、応募して、ギャラ飲みに参加し、後日報酬を受け取ることができます。

報酬は120分で10,000円となっていて、開始時刻が22時を超える場合は4000円の深夜手当が支給されます。

レパードの特徴を先にまとめると…

レパードは、面接がなく簡単な審査だけなので、手間が少なく、審査にも通りやすいのがメリットです。

しかし、その他の点ではメリットが少なく、あまりおすすめすることはできません

  • 面接がなく簡単な審査だけなので手間がかからない
  • 稼ぎにくい(手当が少ない)
  • 男性との連絡先の交換は禁止されていない
  • 開催頻度は多くない
  • 運営に少々の不安

まずこの章ではレパードについて下記のポイントで紹介していきます。

  1. レパードのメリットとデメリット
  2. レパードの口コミ・評判まとめ
  3. レパードって審査や面談の基準は?落ちるの?
  4. レパードの対応エリアは?

1-1. レパードのメリット・デメリット

レパードは他のギャラ飲みサイトに比べデメリットは多いものの、大きなメリットもあります。

まずはじめに、レパードのメリットとデメリットから紹介していきます。

レパードのメリット

レパードの最も重大なメリットは “面接がないこと”です。

ギャラ飲みのアプリやサイトの中で、安全で稼ぎやすいものは、写真の審査の他に、運営社との面談があります。(面接の通過率は10人に1人とも言われており、通りにくいのは事実です。)

その点、レパードは面接がなく、審査だけなので通りやすいと言えるでしょう。

レパードのデメリット

レパードは他のギャラ飲みアプリやサイトに比べると見劣りしてしまいます。

どのような点があるのかについて紹介します。

  • 延長に報酬が出ない・・・延長に報酬が追加されるところもある
  • 指名などに報酬が出ない・・・指名料の報酬が追加されるところもある
  • 開催頻度は多くない・・・男性の登録者数が公開されていない
  • 運営が学生団体・・・何かトラブルが起こった時に対応できない可能性あり

以上のように、他のギャラ飲みサイトやアプリでは可能なことができなかったり、開催頻度が低く、稼ぎにくいというデメリットがあります。

また、運営が学生団体であるため、何かトラブルが起こった時に対応してもらえない可能性があり、不安が残ります。

特徴は特にないが…友達と参加できる

レパードは審査に通った友達であれば一緒にギャラ飲みに参加することができます。

他のギャラ飲みアプリやサイトでは友達と参加はできない場合もあるので、「友達と一緒の方が安心」と思われる方はレパードは良いかもしれませんね。

1-3. レパードの口コミ・評判は一切出てこない

あらゆるサイトやSNSなどで、レパードについての口コミや評判について調査をしてみましたが、一つも見つけることができませんでした。

ギャラ飲みは最近になって、知名度が高まってきましたが、東京都内だけで運営しているレパードはまだ知られていないのかもしれませんね。

1-4. レパードの対応エリアは?

レパードは、主に東京都内がメインで、麻布十番、銀座、六本木、恵比寿、西麻布、渋谷、新宿などです。

大阪でもギャラ飲みが開催されますが、頻度は多くないのが現状です。

実際のところは東京でも頻度はとても高いわけではないので、地方の人はさらに稼げるチャンスは多くないかもしれませんね。

2. レパードの審査からギャラ飲み参加まで

レパードは面接がなく、簡単な審査だけですが、どんな審査なのか?その内容や、ギャラ飲みに参加するまでの流れについて解説していきます。

2-1. レパードの審査の内容

レパードのLINE友だち追加QRコード

レパードは公式HPから、Lineアプリの友達タブを開き、QRコードをスキャンし、友達に追加すると、レパードから自動返信で連絡が来ます。

レパードをLINEに追加した時の自動返信

内容は上のスクリーンショットの通りです。

  1. 指名
  2. 年齢(20代限定です)
  3. 加工アプリをしていない顔がはっきりわかる写真を2枚以上

以上の内容をラインで送ると、審査に通過した人のみ連絡がきます。(ちなみに私は翌日に連絡が来たので、運営はきちんとチェックをしていることがわかりました)

LEOPARD(レパード)公式ページ:http://www.leopard.today/

参考:一般的なギャラ飲みの審査や面談はこういう所を見られている

一般的なギャラ飲みの写メの審査や面談では主に下記のような点が見られています。

  1. ビジュアル・・・男性が好む容姿かどうか ?清潔感やオシャレなど
  2. 愛嬌・・・愛想よく振る舞える人かうか?
  3. 礼儀・・・時間にルーズでないか?挨拶やマナーなど礼節を持った対応ができるか?
  4. お酒・・・お酒は飲めるかどうか?
  5. キャラクター・・・盛り上げ役?聞き役?天然?

ビジュアルについては重視されることはもちろんですが、特別ビジュアルが良いことよりも、愛想のよい振る舞いや、礼儀の方が重視されていると言えるでしょう。

面談がない場合は、ビジュアル以外は判断できないので、丁寧な文面を心がけ、きちんとした人であることをアピールしましょう。

2-2. レパードのギャラ飲みの参加方法

審査後、運営から招待されるfacebookメッセンジャLEOPARD[レパード]を起動し、チャットの流れに沿って会員登録を済ませます。

そうすると、Lineにギャラ飲みの情報が知らされるようになるため、募集を見て、参加したい時に連絡を返せば、ギャラ飲みに参加することができます。

2-3. レパードのギャラ飲みは連絡先の交換が禁止されていない

通常、ギャラ飲みアプリやサイトでは、男性との連絡先は禁止されていることが多いです。

しかし、レパードでは禁止されていません。

ギャラ飲みを利用する男性は、お金持ちが多いので、素敵な男性と繋がっておきたい人にはぴったりですね。

3. レパードでどれくらい稼げるの?

一般的にギャラ飲みは、空いた時間で月に30万円や、稼ぐ人は200万円を超えるような人もいるとされています。

レパードでは、どれくらい稼げるのでしょうか?

この章ではシュミレーションしながら、どれくらい稼げるのか見ていきましょう。

3-1. レパードはせいぜい月に10万円

レパードでは120分で1万円の報酬がもらえますので、月に10回参加すれば10万円稼げる計算になります。

しかし、そんなに頻繁にはギャラ飲みの案件が流れてくるわけではないですし、他の女の子が選ばれてしまう可能性もあります。

月に20回参加できれば、20万円を稼ぐことができますが、現実的な数字ではありません。(私はあまり案件が流れてこないので、今はほとんど使っていません。)

3-2. 他のギャラ飲みサイトはどうなの?

ギャラ飲みは登録するサイトや業者によって、条件は様々ですので一概には言えませんが、他のギャラ飲みサイトでは、1日に10万円を稼ぐようなケースや、月に200万円を超える人もいます。

そこでここでは、ギャラ飲みサイトの中で最も条件の良い『Pato』を例にして、稼げる額をシュミレーションしてみました。

ちなみに、Patoでは時給や手当ては下記のようになっています。

  • 時給:4000円〜20000円
  • 深夜手当て:4000円(24時を超えた場合)
  • 延長料:時給×1.3倍
  • 指名料:時給+2400円

例① 一般的なパターン

時給4,000円×3時間=12,000円
20時にスタートし23時に解散

一般的に、ギャラ飲みは2〜3時間程度の案件が多く、稼げる額としては1回参加して1万円〜2万程度になることが多いです。

レパードの時給は5000円ですが、延長料はありません。その点他のギャラ飲みでは、延長されることも多いので、レパードよりも1日に稼げる額は多くなります。

例② 延長でおいしい案件のパターン(2時間の飲み会で5時間延長で指名)

[時給4,000円×2時間]+[延長4,000円×1.3倍×5時間]+[深夜手当4,000円]+[指名料2,400円×7時間]=54,800円
22時開始で朝の5時に解散

延長や指名が入れば時給が4000円の人も1日で5万円を超える可能性も十分にあります。そのため、月に数十万円を稼ぐことが可能になります。

例③ 時給が上がったパターン(指名も延長も入った場合)

[時給8,000円×2時間]+[延長8,000円×1.3倍×5時間]+[深夜手当4,000円]+[指名料2,400円×7時間]=98,800円

時給が高い人で、朝まで延長などがあった時なんかは1日で10万円近くも稼げてしまいます。(もしこんな日が続けば簡単に月に100万円は超えてしまいそうですね)

時給は、どんな人でもその人の努力次第で上がるので、なるべく時給が上がるギャラ飲みサイトを選びましょう。

参考:男性が支払う金額は?

ちなみに男性が支払う料金は120分で16000円/1人となっていますので、店の取り分は1件あたり6000円ということになります。

3-3. レパードは稼げるようになる可能性はあるの?

レパードは他のギャラ飲みアプリやサイトに比べて、開催頻度が少なく、手当がないため、稼ぎにくいことは事実です。

しかし、男性としては延長料がなく、女の子と連絡先を交換することが許されているため、他のギャラ飲みサイトやアプリよりも魅力的に感じる人もいるはずです。

今後、男性の利用者が増え、開催頻度が増えれば稼げるようになる可能性はあるかもしれませんね。

4. 他のギャラ飲みサイトと比較でわかる条件の違い

これまで、レパードのメリットやデメリット、どれくらい稼げるのか?などについて紹介してきました。

しかし、まだギャラ飲みをまだやったことがない人は、他のギャラ飲みアプリやサイトと比較してどうなのかはわからないですよね。

そこで、他のサイトやサービスと比較して、比較表にまとめてみました。

時給手当対応エリア男性会員数
LEOPARD
ギャラ飲みサイト「LEOPARD」のロゴ
10,000円/2時間延長:なし
深夜手当:4,000円
指名料:なし
東京情報なし
おすすめNo1
Pato
4,000円〜20,000円延長時給:1.3倍
深夜手当:4,000円
指名料:2,400円/1h
全国
登録者
25,000人
LION
プロジェクト

ギャラ飲みサイト「LIONプロジェクト」のロゴ
4,000〜10,000円延長:
10分毎に時給の1/6
深夜は時給の1.2倍
深夜手当:なし
指名料:4,350円
札幌・東京
横浜・埼玉
神戸・仙台
大阪・名古屋
福岡・沖縄
情報なし
Cheers
ギャラ飲みサイト「Cheers」のロゴ
4,000円〜20,000円延長:あり
深夜手当:あり
指名料:自分で設定
※詳細情報なし
全国
※主に東京
情報なし
Central Queen
ギャラ飲みサイト「Central Queen」のロゴ
会によるなし名古屋
東京
大阪
福岡
※名古屋が強い
情報なし
Fun!meeting
ギャラ飲みサイト「Fun!meeting」のロゴ
5,000円なし全国
※主に東京
情報なし
plum
ギャラ飲みサイト「plum」のロゴ
4,440円延長:740円/10分
深夜手当:なし
指名料:なし
全国
※主に東京
情報なし
Nomifure
ギャラ飲みサイト「Nomifure」の公式ページ
5,000〜1,0000円延長:なし
深夜手当:5,000円
指名料:4,000円
大阪情報なし

レパードは、時給の条件は良いですが、延長料や深夜手当、指名料などの点では他社にはかないません。

最もおすすめは『Pato』ですが、Pato以外のサイトは男性の登録者数がまだ多くないのが現状です。

色んなサイトに登録してみましたが、ギャラ飲みの開催頻度はPatoの方が勝っていると感じています。(実際はほとんど開催されてないサイトや、対応は可能とされていても地方ではほとんど開催されてなかったりします。)

5. 本当におすすめのギャラ飲みアプリはpato!

ギャラ飲みアプリやサイトの中で、最もおすすめなのが『Pato』です。

このPatoは、他のどのギャラ飲みサイトよりも手当が厚く、頻繁に開催されているためダントツで稼ぎやすいです。この章ではPatoについて詳しく紹介します。

ギャラ飲みサイト「pato」の公式ページ

Pato』は2017年に登場したギャラ飲みアプリで、マッチングアプリのように男性の顔や自己紹介などが見れて、自由にメッセージのやりとりができます。

最初は時給4,000円からスタートし、8,000円、最高20,000円という驚くほど高額な時給が設定されていて、中には月収は400万円を超えている人もいます。

その他、個パトという機能があり、男性の登録者数が多いので、案件が流れるのを待つだけではなく、自分で個別に約束を取り付けることができるので、稼ぐチャンスも多いです。

  • 時給:4000〜20,000円(1:1で会うこともでき、自分で料金設定できる)
  • 延長:時給1.3倍
  • 深夜手当:4,000円
  • 指名料:2,400円/1h(指名をもらったら時給にプラスされる)

Patoのメリット

Patoはギャラ飲みサイトやアプリの中で、最も登録者数が多く、時給や手当も厚いので、ダントツで稼ぎやすいです。メリットをまとめると…

  • 男性の登録者数が圧倒的に多い(25000人)
  • 時給が高く手当が厚いので稼ぎやすい
  • 参加したい時だけ行けて時間が自由
  • 個別アポも取ることができるのでリピートされやすい
  • 男性を選べるのでイヤなら行かなければいい
  • 運営がきちんとしていて安全度が高い
  • プレゼント機能でいきなりお小遣いがもらえたりする
  • 全国に登録者がいる(地方でも可能な場合がある)
  • 女性の登録数は800人(最大規模)
  • プラチナグレードのゲストに会えれば一気に昇格できるチャンス

Pato公式ページ:https://pato.today/cast/

5-1. 『Pato』の登録から参加まで

Patoでは、まずLine@の友達登録をして、lineのやりとりで面談の日程を決めます。

Patoの会社に行き、面談担当の人と会い、面談に通過すればギャラ飲みに参加することができます。

面談は少し面倒と思われるかもしれませんが、それだけきちんと運営されている証拠であり、時給や手当も良いので、それだけの価値があります。

面談は顔だけではなく、愛想の良さが重視されると噂なので、愛想よく丁寧な対応を心がけましょうね。

5-2. 『Pato』は1日10万円も狙える!

ギャラ飲みアプリ「pato」の時給

他のギャラ飲みは1回の2〜3時間で、だいたい1〜2万円ですが、Patoだと多い時は1日で5〜10万円を超えることもあります。

ロイヤルVIPまで上がると指名料や延長料を合わせると、最大時給が32,400円になります。

評価に応じて、時給が上がる仕組みになっており、早い人だと、はじめて1〜2ヶ月でもスタンダード時給4000円からVIP時給8000円に上がる子がいます。

Pato公式ページ:https://pato.today/cast/

5-3. Patoが他のギャラ飲みよりも稼ぎやすい4つの理由

Patoが他のギャラ飲みよりも、稼ぎやすいのですが、その理由は下記の4つです。

  • 時給が高い
  • 延長料や指名料金などが手厚い
  • 男性登録者数が多くギャラ飲みの開催頻度が多い・・・他は開催頻度が少ない
  • 個パト機能でチャンスが広がりやすい・・・他は個パト機能がない

より詳しくPatoについて知りたい人はこちらを参考にしてみてください。「ギャラ飲みアプリ『Pato』完全ガイド|月30万稼ぐ女が徹底解説

6. レパードのギャラ飲みに参加してわかったこと

私は、レパードに登録し1回だけギャラ飲みに参加したことがあります。

その時の体験を元に、レパードがどうだったのか私の見解を紹介します。

6-1. レパードのギャラ飲みはどうだった?

私がレパードのギャラ飲みに参加した時は、20時〜22時に麻布で30代のIT経営者の方々3名でした。

少し高級感のある個室の居酒屋さんでした。ビールや日本酒などを頼まれ、ワイワイ楽しく合コンのような雰囲気で楽しかったです。メニューの価格帯は1品800円〜3000円程度で、少し高めなこともあってかお料理もとても美味しいです。

あっという間に120分が経過し、「もうちょっといてよ」とお誘いいただいたので、お店を出るまで約1時間ほどお付き合いしました。(お金にはならないけど素敵な方だったので♥)二次会にもお誘いいただきましたが、その日は返せてもらいました。

6-2. レパードに登録してる女の子ってどんな人?

レパードのギャラ飲みは1回しか参加していないので、会った女の子は多くはないですが、学生と言っていて21~22の子が2人でした。

「よく参加している」「運営の人を知っている」と言っていたので、学生団体の運営の人と繋がっているようでした。

参考:レパード運営会社の基本情報

レパード/運営会社
運営学生団体JiLL
設立2013年
女性の会員数300人以上
男性の登録者数5000人以上
対応エリア東京

7. さいごに

以上、ギャラ飲みサイト「レパード」について、詳しくお伝えしてきましたがいかがでしたか?

レパードは面談がなく、審査が簡単なので、他のギャラ飲みアプリやサイトに通らなかった人におすすめです。

主に東京都内で活動されており、延長料や指名料などの手当はないものの、時給は高めなので短い時間でコツコツ稼ぐならおすすめです。

LEOPARD(レパード)公式ページ:http://www.leopard.today/

このページを参考にギャラ飲みサイトに登録し、稼ぎながら楽しい時間を過ごせることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Papa Rich

Papa RIch(パパリッチ)は、パパ活やギャラ飲み、交際倶楽部を安全に楽しむための情報サイトです。